ブランド服の見積りを取るときのコツ

 

ブランド服の見積りを取るときのコツについて、
話をしたいと思う。

 

見積もりのコツ

 

ブランド服、
に限らずだが、
何か商品を査定してもらう際は、
商品の金額によって、
見積りの回数を変えることは重要である。

 

一般的に、
買取で有名なものとして、

時計
カバン
洋服
古本
などがある。

 

車や時計など、
数十万から数百万するものは、
見積りは複数取った方がいい

 

なぜならば、
場所によって、
査定金額が断然変わることが多いからだ。

 

特に、
車の買取り

 

複数社見積りを取ることで、
数万円〜数十万円見積リ金額が変わるということは、
よくあることである。

 

基本的には、
高額なものであればあるほど、
買取してもらうときも慎重になる必要が有る

 

逆に、
古本など、
どんなに買取金額が変わったといっても、
一冊当たり、
数十円から数百円くらいである。

 

なので、
何社も見積りを出すよりも、
信頼出来る買取業者を見つければ、
ずっとそこでお願いする方が、
コスパ(コストパフォーマンス)がいいだろう。

 

ブランド洋服の場合

 

ブランド服の場合も同様に、
金額に応じて、
見積り回数を分ける。

 

例えば、
Tシャツや小物などは、
基本的に1回で見積りはいいだろう。

 

しかし、
数万〜数十万円するジャケットなどは、
複数社見積りを出した方がいいだろう。

 

このようにある程度、
その商品自体の金額によって、
見積回数を分けるのが、
一番コスパがいいだろう。

 

トップページへ