洋服は古着で買うよりも新品を買った方がいい5つの理由

 

あなた洋服は、
古着で買う派だろうか?
それとも新品で買う派だろうか?

 

私はかつては古着で洋服を購入していたこともあるが、
今は専ら、
洋服は新品で買う派である。

 

そこで今回は、
そんな私の体験を活かし、
洋服は古着で買うよりも新品を買った方がいい理由について、
話をしていきたいと思う。

 

ブランド服ならばそこまで値段が変わらない

 

まず初めに、
ブランド服ならばそこまで値段が変わらないこと

 

これは実際に古着屋に行ってみればわかることだと思うが、
古着屋の場合、
ノーブランドや、
あまり知られていないブランドの洋服ならば、
かなり安い値段で売られていることが多いが、
有名なブランドや、
ハイブランドの洋服だと、
新品とそこまで料金が変わらない値段で売られていることも多い

 

値段が変わらないのであれば、
あえて古着をチョイスする意味も無いだろう。

 

自分に合ったサイズを見つけることが難しい

 

次に、
自分に合ったサイズを見つけることが難しいこと

 

古着屋ではなく、
きちんとしたショップの場合、
よほどの人気商品でない限りは、
大体自分に合ったサイズが用意されていることが多いが、
古着屋の場合、
自分に合ったサイズの洋服が用意されていることは少ない。

 

洋服の場合サイズ感というのは生命線なので、
自分に合ったサイズ感の洋服が無ければ、
満足して購入することは難しいだろう。

 

最新の洋服は古着屋には置いていない

 

次に、
最新の洋服は古着屋には置いていないこと

 

勿論、
超新作の洋服が置いてある可能性も、
無いことは無いと思うが、
それでも古着屋というのは、
基本旧作の洋服しか置いていない。

 

洋服の価値というのは、
新作であればあるほど価値があり、
また、
アパレル業界は、
年々流行が変わるため、
そのブランドの最新の洋服が切れないということは、
致命的だろう。

 

店員のアドバイスを受けれない

 

次に、
店員のアドバイスを受けれないこと。

 

これも当たり前の話であるが、
古着屋は、
基本店員のアドバイスを受けることは出来ない。

 

勿論、
中には親切にコーディネートのアドバイスをしてくれる店員もいるかもしれないが、
ショップ店員のサービスと比較すると、
その質はどうしても落ちてしまうだろう。

 

置いてある洋服の質が古着屋に依存してしまう

 

最後に、
置いてある洋服の質が古着屋に依存してしまうこと

 

これもある意味当たり前の話であるが、
古着屋は、
どこからか洋服を入荷するわけではなく、
客が持ってきた洋服を買い取るだけなので、
置いてある商品の質に、
バラツキが生まれる。

 

その時その時に応じて、
置いてある洋服の質にバラツキがあるのは、
大きなデメリットの一つだろう。

 

終わりに

 

勿論、
洋服は、
新品には新品のメリット・デメリットが存在し、
古着も何も、
デメリットだけではない。

 

しかし、
個人的な体験からも、
洋服は古着で購入するよりも、
新品で購入する方が無難であるといえるだろう。

 

特に、
ブランド洋服になれば、
古着で購入するメリットはほとんど無いので、
新品で購入するのが圧倒的におすすめである。