ショップ店員の強引な押し売りを避ける5つの方法

 

よくアパレルショップなどで、
洋服を購入する人は、
一度や二度は、
ショップ店員の強引な押し売りを受けたことがあると思う。

 

強引な営業が好きな珍しい人もいるかもしれないが、
ほとんどの人は、
強引な押し売りのような営業はウザいと思うことが、
多いのでは無いだろうか。

 

そこで今回は、
私の実体験を基に、
ショップ店員の強引な押し売りを避ける方法について、
話をしていこうと思う。

 

自分から話しかけない

 

まず初めに、
自分から話しかけないこと

 

これは意外に重要で、
自分からショップ店員に話しかけてしまうと、
ショップ店員からすれば、
購入の意思があると思われ、
結構強引に営業されることが多い。

 

もし、
あなたに、
最初から購入意思があるのであれば、
別に店員にあなたから話しかけても問題は無いと思うが、
そうでないのならば、
極力自分からは話しかけないようにしよう。

 

買う意思が薄いことを事前に伝える

 

次に、
買う意思が薄いことを事前に伝えること

 

あなたから店員に話しかけなくても、
店員からあなたに話しかけられたりした場合、
買う意思が薄いことを事前に伝えておこう。

 

例えば、

 

「まだ何を買うかどうか迷っているんですけど」

 

などのような言葉である。

 

事前に、
店員に、
あなたに購買意思が薄いことを伝えることによって、
少しでも強引な営業を避けることが出来る。
(それでも強引な営業をしてくる店員はいるが。)

 

押し売りが無いショップを選ぶ

 

次に、
押し売りが無いショップを選ぶこと

 

ショップによって、
またブランドによっては、
押し売りが少ない、
また全くないショップも存在するので、
どうしても押し売りが苦手な人は、
押し売りが無いショップを選ぶようにしよう。
(一般的には、
ハイブランドになればなるほど、
強引な押し売りは少なくなる。)

 

財布にお金を入れないで行く

 

次に、
財布にお金を入れないで行くこと

 

これは最終手段に近いと思うが、
どうしても押し売りが苦手な人は、
財布にお金を入れないでショップに行くようにしよう。

 

そうすれば、
物理的に商品を購入することが出来ず、
押し売りを避けることが出来る。

 

平日の空いている時間帯に行く

 

最後に、
平日の空いている時間帯に行くこと

 

これは、
特に平日の空いているような時間だと、
店員もそこまで急いでいることも少なく、
また土日に比べて、
平日の方がノルマも緩いせいか、
強引な押し売りは少ない。

 

終わりに

 

ショップ店員も商売な以上、
少なからず、
強引な営業はあるだろう。

 

得意苦手もあると思うが、
一番重要なのは、
あなたがしっかりと意思をもって、
断ることである。

 

どうしても強引な営業が苦手な人は、
強引な営業が少ないブランドを選んで、
行くようにしよう。